kuginuki.jpg

群馬県大胡村の小野家のルーツ探求
ご親戚、縁者の方、小野家を知っている方と、ご連絡が取れると嬉しいです。
ご意見・ご感想などがありましたらお問い合わせフォームからどうぞ
サイト運営:株式会社小野デザイン 小野健治
直接のお電話もどうぞ。TEL.03-3774-8098


群馬県前橋市大胡町(旧勢多郡大胡村小野家のは“小野太兵衛です。

口承ですが、先祖は白沢村(現沼田市白沢町)から来たと言われています。
また、1600年の 関ヶ原の戦いでは、
沼田城の東軍についた信幸(以降信之に改名)に加勢し、足軽頭を努めたそうです。

小野太兵衛は、現存する墓石※1から
天保7年(1836年)に亡くなったことがわかります。
仮に70歳まで生きたとして
(江戸時代の平均寿命が35歳くらいなので、かなりの誇張です)
1786年頃以降(20歳以降として)に白沢村から大胡村へ来たのだと考えられます。
※1 県道34号線の荒砥川近くの大前田英五郎の墓のある高台の奥にあります。

現存する家紋の入った墓石、土地などから
白沢の小野家から分家する形で、それなりにお金を持たされて
大胡へきたのではないでしょうか。
(長吉さんの三男寅吉さんの長男の耕作さんの蔵の改修時に刀が、
三振り見つかったそうです。相当お金を持っていたのでは・・・)

白沢と大胡は、赤城山を中心として、南北に等しい距離にあります。
では、小野太兵衛氏は、なぜ、大胡へ来たのでしょうか。
知り合いなどが大胡にいて、土地が売りに出されていたのでしょうか。
開墾などで、募集があったのでしょうか。
想像ですが、本家の情報収集の拠点として、大胡に住まわせたのではないでしょうか。

白沢村では、江戸時代、代々小野勘衛を名乗っていました。
大胡の本家の長太郎さんの家の仏壇に、小野勘衛氏の位牌があれば
位牌分けをした兄弟ということが言えます。
まだ、確認していないので、わかりません。
大胡の本家の長太郎さんのご近所の方、お知り合いの方
調べていただけないでしょうか。ぜひ、お教えください。
よろしくお願いいたします。

群馬県地図.png
大胡の小野家の家系図(制作中)
大胡小野家系図140624.png

大胡の小野家の祖、小野太兵衛の墓のある場所